インプラントを長持ちさせる為に

インプラントと喫煙の関係

インプラント手術前の喫煙は不可

人工の歯根をあごの骨に埋め込み、そこに人工歯を取り付けるインプラント。歯がなくなったところにも取り付けることができ、とても自然で入れ歯のようにお手入れの必要もなく人気です。ただ、手術を成功させるためには喫煙の習慣をあきらめたほうがよいでしょう。インプラントの術前に喫煙することでさまざまな弊害が生まれるのです。血流が悪くなるのであごの骨や歯肉に酸素や栄養が行き届かず細菌感染しやすくなります。インプラントを支える歯肉回復も遅れてしまいます。喫煙することで細菌を退治する役目を持つ白血球の活動も抑制されてしまいます。唾液の量も少なくなっているので更に細菌が増殖するのです。術前にタバコのヤニで黄色くなっている歯の中ではインプラントで取り付けた歯の白さは悪目立ちしてしまいますし、ニコチンや一酸化炭素によって歯肉が硬くなってしまっているので手術も大変で、たとえ歯肉が細菌感染しても気づきにくいというデメリットもあります。タバコはその他にもさまざまな弊害を生み出します。術前と言わず、今後も禁煙を心がけていつまでも白い歯を保てるようにしましょう。1本何十万円もする手術ですから手術に失敗することなくのちのちまで大切に使いたいものです。

↑PAGE TOP