愛知県のインプラント

インプラントと喫煙の関係

インプラントできないケースとは

インプラントは、歯がない場所への画期的な治療方法として、注目を集めています。歯周病や虫歯、また事故により歯を失ってしまった場合などに治療が行われます。また、生まれつき歯がない場合や永久歯が生えてこない場合も治療が行われます。しかし、歯周病がひどかったり、骨量が不足しているときは行うことができません。歯周病を治療したり歯の造成を行って、しっかり状態を整えてからとなります。また、成長期で歯や顎の骨が成長の途中にある人も、インプラント治療はできません。

↑PAGE TOP